環境への取り組み

環境への影響

省資源な素材

発泡スチロールの原料は、中に発泡剤が入った直径1mm程度のポリスチレンの粒(ビーズ)です。この原料ビーズを蒸気(スチーム)で加熱し、約50倍に膨らませて作ります。約50倍の発泡体のため製品全体(体積)の98%が空気でできており、石油製品の原料ビーズは、わずか2%しか使われていません。省資源性に大変優れた製品と言えます。

約50倍に発泡製品全体(体積)の98%が空気

発泡スチロールの燃焼について

発泡スチロールの主成分は、炭素と水素です。完全燃焼すれば『炭酸ガス(CO2)』と『水(H2O)』になり、ダイオキシンなどの有害ガスは発しいたしません。ただし、他の素材と同様に酸素不足により不完全燃焼となった場合には黒煙(スス)や一酸化炭素が発生いたします。廃棄する際は市区町村の分別基準に従ってください。

完全燃焼の場合

不完全燃焼の場合

発泡剤にフロンは使用していません

フロン

発泡スチロールの原料ビーズには、ふくらませるための発泡剤(ガス)が含まれています。その発泡剤は、ブタンやペンタンなどの炭化水素製品で、オゾン層に影響を与えるフロンは、EPS(ビーズ法発泡スチロール)の生産では過去に一度も使われたことはありません。

CO2削減に貢献しています

断熱性に優れたEPS建材を住宅建材として使用することにより、冷暖房効率を上げ、エネルギーの消費を抑えることで、温室効果ガスであるCO2の発生を抑制する効果を発揮します。

札幌の戸建住宅1年あたり

断熱性を生む仕組み

熱

発泡スチロールは、発泡ビーズの集合体で各々のビーズは「小さな空気の部屋(独立気泡)」で構成されています。この部屋では空気の対流が少ないので、熱が伝わりにくくなります。

EPS建材が生み出すCO2削減効果

戸建て住宅で、30年間断熱材を使用した場合、断熱材を使用しない戸建て住宅(無断熱住宅)と比較して、一戸あたり(札幌)のエネルギー消費量は760,781MJ、CO2排出削減量は47,148kg-CO2です。EPS建材を使用することで、1年間で1戸あたり1,571kg-CO2のCO2排出削減量となります。

エネルギー削減量(戸建て住宅)CO2削減量(戸建て住宅)

データ出典

・断熱部材LCCO2評価・算出法の標準化調査
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(平成20年3月成果報告書)

3つのリサイクル

発泡スチロールはほとんどが単一素材であるため分別が容易で、熱や溶剤・圧縮により体積を減らす減容が可能であり、リサイクル特性に優れ、現在3つの手法でリサイクルが行われています。

マテリアルリサイクル
プラスチックの原料として再資源化し、プラスチック製品などに再利用します。
ケミカルリサイクル(広義のマテリアルリサイクル)
熱や圧力を加え、ガスや油として再資源化し、燃料などに再利用します。
サーマルリサイクル
燃焼させることで、高い熱エネルギーを発生させ、発電などに再利用します。
使用済みの発泡スチロール マテリアルリサイクル ケミカルリサイクル サーマルリサイクル

マテリアルリサイクルでは、発泡スチロールをプラスチックの原料として再資源化し、プラスチック製品などに再利用します。

  • 再生発泡スチロール(EPS to EPS)
  • 文具
  • プランター
  • 合成木材
  • セメント混和材
  • 排水用資材
  • 凍結防止用道路資材
新規商材や共同開発のご相談・ご質問など 発泡スチロールに関することはお気軽にお問い合せください。
新規商材・用途の共同開発 および お見積りについて 商品以外のお問い合せ
  • あなたのアイデアを製品にしませんか? 共同開発について
    • バーチャル工場見学 大阪工場
    • バーチャル工場見学 焼津工場
  • 開発事例
  • オンラインショップ
  • 環境への取り組み

お問合せはこちら

トーホー工業株式会社
主要営業拠点
札幌・東京・名古屋・大阪・福岡ほか
全国31拠点
お電話でのお問い合わせ 0120-707-226
お問い合せはこちらから
ISO9001/ISO14001/JIS規格認証

ページトップへ戻る