世界の錦鯉の輸出の常識を変える 錦鯉専用輸送容器『B’koi』

日本の錦鯉の輸出産業は、ヨーロッパをはじめとして、アジア諸国も含めて広く有名です。

しかし、従来の輸出方法では段ボールを使用しているため、輸出期間が例年11月頃から4月頃に限られ、

夏場(5月~10月)は高温で錦鯉が弱ってしまうため、ご要望があっても輸出ができないという状況でした。

今回、お客様から「輸出期間をもっと伸ばしたい」というご要望を頂き、錦鯉専用輸送容器『B’koi』を開発

しました。

■■■ 錦鯉専用輸送容器『B’koi』 ■■■

B'koi容器

●錦鯉のカラーをイメージさせるインクジェット印刷をしています。

 サイズ表

■■■ EPS(発泡スチロール)特性① 設計・成型が自在に出来る ■■■

B'koi機能①

B'koi機能②

■■■ EPS(発泡スチロール)特性② 軽量であること ■■■

EPS容器『B’koi』は、従来の輸出用段ボールと比較すると、重量は約2分の1となり、

総輸出重量を大幅に軽量化することが出来、航空運賃も大きく削減することが出来ました。

EPS

 

■■■ ユーザー様の声 ■■■ 出荷準備のご様子(新潟県長岡市)

包装作業_170817

●発泡スチロール容器での初出荷は、2017年8月9日。出荷元の新潟は今年の最高温度 37度でしたが、

  35時間後、錦鯉達はとても良好な状態でイギリスのヒースロー空港に着荷しました。

  着荷時の水温は、冷たいままの25度で冬と同じ状態だったので、冬場と同じ数量を送ることが出来そうだ、

 という期待のこもったお声を頂きました。

●フタと本体が同じ型になっているので、酸素の充填作業の作業性や、充填後のPE袋のスペース確保も

  簡単になり、作業性の向上という効果がありました。

●発泡スチロール製の容器を使用することで、鯉のパッキングに使用するPE袋やガード板を使用数を

  減らすことが出来、作業時間の短縮と資材コストの軽減効果もありました。

 

 

新規商材や共同開発のご相談・ご質問など 発泡スチロールに関することはお気軽にお問い合せください。
新規商材・用途の共同開発 および お見積りについて 商品以外のお問い合せ
  • あなたのアイデアを製品にしませんか? 共同開発について
    • バーチャル工場見学 大阪工場
    • バーチャル工場見学 焼津工場
  • 開発事例
  • オンラインショップ
  • 環境への取り組み

お問合せはこちら

トーホー工業株式会社
主要営業拠点
札幌・東京・名古屋・大阪・福岡ほか
全国31拠点
お電話でのお問い合わせ 0120-707-226
お問い合せはこちらから
ISO9001/ISO14001/JIS規格認証

ページトップへ戻る